中村の祭り場 [隠岐の島町]

日の神と月の神が出会う場所

2年に一度行われる「隠岐武良祭風流」は、三本足のヤタガラスをシンボルとした日天神(にってんしん)と白ウサギをシンボルとした月天神(がってんしん)が祭り場の中央にそびえ立つ巨木を中心として3回半回る神事が行われることから、日月陰陽和合祭の形を残していると考えられています。ゲゲゲの鬼太郎で知られる故水木しげる(本名:武良茂)氏はこの祭りを体験し、自分のルーツはここ中村(武良の郷)であるといわれました。

  • 伝統
  • 携帯電波強

アクセス情報

  • 駐車場あり

西郷港より車で30分
料金無料
定休日なし
駐車場あり
島根県隠岐郡隠岐の島町中村

関連する動画

  • 中村の祭り場

このスポットをシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加